鍼灸推拿師の技術で

健康な身体へと導く

子どもの頃から続けている剣道に毎日1時間の運動、タバコもお酒も飲まないし、睡眠時間7時間…と、健康な僕。今回、「丛氏盲人按摩」で中医マッサージが体験できるということで、医学部で勉強中の僕は興味津々。ちょうどいい機会なので、行ってきました!

同店は日本料理店が並ぶ一番街の2階にあります。2000年に朝陽公園西門で開業し、ここへ移転したんだとか。今回、特別に院長の丛(ツォン)先生が施術を担当してくれます。マッサージ師は全員、中国各省の特殊教育学院で学んだプロの鍼灸推拿師、技術は折り紙付きです。

まずは施術台に横になり、触診からです。先生は「全体的に鈴木さんの身体は問題ないですね。規則正しい生活をされてます。ただし…この部分は睡眠不足から来てますね。運動のしすぎで少し凝ってますね」と次々と言い当てます。その後、肩、腰、足…と下半身に向けてもみほぐしていきます。

先生曰く、経路に沿って、問題のある部分を集中的にもみほぐすことで、身体を正常な状態へと導いていくそうです。

1時間後、施術が終わると身体がスーッと軽くなり、頭がスッキリしました。中国語がしゃべれなくても、先生は身体に触れることで問題を見つけてくれるので大丈夫。腰痛や肩こりなどに悩んでる方は、ぜひ中医マッサージを受けてみてください!

お問い合わせ

丛氏盲人按摩

住所:北京市朝陽区農展館北路

棗営北里15号一番街2階

営業時間: 10時~翌0時

¥:足裏マッサージ138元/60分、カッピング45元/回、

ダイエットマッサージ288元/60分など